高校生、中学生の正規留学をサポート

高校生、中学生の正規留学をサポート

  • 高校留学ワールド

TOP >  国別留学情報

国別留学情報

文化や気候もまるわかり!留学先比較表!

国選びのポイント!

高校留学ではアメリカを初め、カナダ、イギリスなど様々な国が選択肢になります。
ただ、国によって教育制度や留学制度が異なり、留学にかかる予算も大きく異なります。
主なポイントとしては公立高校又は私立高校を希望するか、留学期間は1年までか卒業までか、
ご予算などがスタートのポイントとなるでしょう。それらにプラスして留学中に行いたい活動や留学後の進路などを考慮して選んでいきます。

留学先各国の基本情報を見てみよう!

興味がある国は各国のページで詳しくチェック!

留学先各国のこんな人に
オススメ!

アメリカアメリカ留学

カナダ留学

世界の優秀な大学の50%以上が存在する国

日本人にとって最もなじみのある外国の一つと言えばアメリカ合衆国です。世界一の経済大国にして情報、文化の発信源であり、世界の優秀な大学の50%以上はアメリカにあると言われる教育の国でもあります。そんなアメリカはいつの時代も海外留学先の憧れの地であります。
ただ、人気のアメリカ高校留学ですが、実は意外と知られていないことだらけ。「アメリカ留学は高い!」、「アメリカ留学は公立高校には留学できない」など様々な間違った情報が氾濫しています。アメリカには様々な留学方法が存在しており、様々な留学生ニーズに答えることが出来ます。

アメリカ留学について詳しく見る

カナダカナダ留学

カナダ留学

日本人留学生にとって、最もポピュラーな留学先

公立高校は入学に際して英語力や高いレベルの成績などを一切求めることがなく、生徒の適性や興味、希望に沿って留学先を選ぶことができます。
英語力や学力に多少不安のある生徒でも安心して留学生活をスタートすることができます。
また、カナダの教育委員会は留学生をサポートする体制が非常にしっかり整っているため、安心して留学をすることができます。
「英語力や学力にそこまで自信のない生徒」や「費用を抑えて卒業留学をしたい生徒」にはカナダがお勧めNo1と言っていいでしょう。

カナダ留学について詳しく見る

ニュージーランドニュージーランド留学

ニュージーランド留学

自身でしっかり努力出来る生徒向けの自由な環境

海外留学で難しい科目を勉強することに大きな不安がある生徒にとっては非常に易しい国で、卒業もほぼ約束されています。
ただ、自由度が高いということは、生徒が自分でしっかり努力をする環境が整っていないと、楽な道を選んでしまいがちです。
卒業したけど英語力があまりついてない、というようなことも珍しくありませんので自己管理できる生徒にお勧めの国と言えます。

ニュージーランド留学について詳しく見る

オーストラリア留学

オーストラリア留学

優秀な大学に進学出来るチャンス

オーストラリアへの留学はカナダ同様、公立高校への留学が人気です。オーストラリアの暖かい気候、輝く太陽と美しい海を求めて留学を希望する生徒に根強い人気があります。
オーストラリアにはかなりの数の私立高校があり、私立高校の質は非常に優れている国です。進学先にオーストラリアやニュージーランドなど南半球の国の大学を希望している場合は、オーストラリアの高校でしっかり学ぶと優秀な大学に進学できるチャンスが非常に大きくなります。
物価は食料品以外は日本よりかなり高く、留学費用も公立高校の中では高い方になります。

オーストラリア留学について詳しく見る

イギリスイギリス留学

イギリス留学

イギリスの優秀な大学への道

イギリスへの高校留学は、公立高校への留学はできません。よって、私立高校から選択することになります。私立高校は、ボーディングスクールと呼ばれる寮制の学校が中心で、入学時に英語や数学の試験を課す学校も多く、敷居も費用も高いのが特徴です。教育システムも少し独特で、高校最後の2年間が大学進学に必要な科目を履修する時期となっており、その科目の成績で大学が決定します。イギリスの高校留学を志す生徒は、イギリスの優秀な大学に進学したいという希望を持つ生徒が中心と言っていいでしょう。

イギリス留学について詳しく見る

アイルランドアイルランド留学

アイルランド留学

ヨーロッパへ留学したい人へ

イギリス同様、公立高校への留学はできず私立高校のみが留学生の受入を行っています。
私立高校への留学となりますが、イギリスと比較して費用が格段に安く、受入のハードルもそれほど高くありません。
私立高校は留学生の受け入れを積極的に行っておりますが、日本人やその他のアジア諸国にもあまり馴染みがない国ということもあり、日本人やアジア人留学生は少なく、ヨーロッパ系の留学生が多いのが特徴です。
イギリスに留学をしたいがそこまで大きな留学費用を負担できない生徒、イギリスの私立高校に入学できるだけの英語力が身に付いてない生徒、そして日本語から完全に離れた留学生活を送りたい生徒などにお勧めの国と言えます。

アイルランド留学について詳しく見る

pagetop