アメリカ公立高校への正規留学。英語力がなくても公立高校へ留学ができる!

アメリカ公立高校留学|アメリカの公立高校での正規留学、費用も格安で実現!

アメリカ公立高校へ英語力なしでも留学を実現!

 アメリカ公立高校

留学先として人気のアメリカは、毎年多くの日本人が留学をする国となっております。 ただ、アメリカで高校留学を実現するにはに高いレベルの英語力を要求されます。 特に1年留学を格安費用でできる交換留学は、最低でも英検2級レベルの英語力が必要で成績も一定条件が求めらハードルは非常に高いです。 そのハードルの高さゆえに試験に合格できずアメリカ留学を諦めてきた生徒も多いと思います。当プログラムは、憧れのアメリカに留学をしたいが 英語力がなく交換留学の試験に合格しない生徒や英語力はあるが交換留学ではどこに留学するか分からないため心配で、自分で学区や学校を 選択したいと思っている生徒にお勧めのプログラムです。

アメリカ国内22州、約50高校区と提携をすることで、公立高校でも学区を指定して留学ができ、学区によっては英語力不問!試験なしで入学も可能です。 サポート体制は交換留学と同じで全米44都市にサポートオフィスがありますの安心。当センターでも日本とニューヨークフオフィスを利用しサポート体制を整えています。

[アメリカ公立高校正規プログラムの特徴]
1.アメリカの公立高校での単位取得・卒業留学が可能
2.安価な費用での留学が可能
3.英語力不問の学区もあり、ハードルは低い
4.22州、約50高校区への留学が可能(学区は毎年変動します。)
5.滞在はホームステイ
6.日本人によるサポート有り
7.参加資格は自立心のある15歳〜18歳までの高校生
8.最短期間は1学期〜

留学先と学校区のご案内

当プログラムの提携高校区と料金のご案内となります。 アメリカ提携高校マップ

アーカンソー州 Fort Smith

アリゾナ州 Gilbert、Mesa、Phoenix、Scottsdale

カリフォルニア州 Alameda、Lancaster、Van Nuys、Woodland Hills、Ontario、Chino、Fresno、La Quinta、Calabasas、Los Angeles、Murrieta、Santa Barbara、San Luis Obispo、Walnut

コロラド州 Boulder、Denver、Castle Rock、Fort Collins、Longmont

 アメリカ公立高校留学

フロリダ州 Viera、Hollywood、Vero Beach、Miami、Orlando

ジョージア州 Brunswick

アイダホ州 Boise、Idaho Falls

アイオワ州 Burlington、Colfax

イリノイ州 Chicago

カンザス州 Overland Park

マサチューセッツ州 Great Barrington、Cambridge、Maynard

メイン州 Millinocket、Farmington、Orono

ミシガン州 Jenison

ネバダ州 Las Vegas

ニューヨーク州 Fabius、Indian Lake、Keene Valley、Long Lake、Olmstedville、Newcomb、Niskayuna、Red Creek、Scio、Warwick

ノースカロライナ州 Charlotte

テキサス州 Lubbock

ペンシルバニア州 Philadelphia、Beaver、Rimersburg

バーモント州

ヴァージニア州 Virginia Beach

ワシントン州 Seattle、Tacoma

ウィスコンシン州 Green Bay、Green Lake、Lady Smith

各州、各学校区の料金表はこちらをクリック (2017年5月現在)

授業について

当プログラムの留学期間は最短1学期から1年間までとなります。英語力によって受講クラスは変動しますた、基本的にはアメリカ人の生徒と同じ授業に 参加することになります。アメリカの公立高校は私立高校のように手厚いサポートがあるわけではありませんので、しっかり勉強を自己管理することが求められます。 もちろん先生は助けを求めればいくらでも応援してくれます。自分から分からないことを確認し、自発的に質問する姿勢が重要となります。

ホームステイについて

ホームステイ|アメリカ高校留学

アメリカの公立高校プログラムは交換留学と異なりホームステイはボランティアではありません。よって、 家事や育児の過度な強要などもなく、比較的安心して滞在して頂けます。ただ、ホームステイ先のファミリーの環境や性格はそれぞれと なりますので、何も問題が起こらないとも限りません。留学生に求められるのは、何か問題があった際には必ず学校のスタッフや先生、又は 当センター留学カウンセラーなどにすぐに相談をすることです。我慢を重ねてストレスだけを溜め込むと長期のホームステイはできません。 話し合いをしながら、問題解決をしながら充実したホームステイライフを過ごせるように管理をしてください。

24時間サポートについて

アメリカ公立高校プログラムでは、アメリカ全土44都市のサポートオフィスでのサポートに加え、日本オフィス、ニューヨークオフィス にてサポートを行うことで24時間体制でのサポートが可能となっております。 緊急電話番号やスカイプでのサポートを行いますので、何か問題が発生した際は、小さなことでも相談するようにして下さい。

出発までの流れ

お申込手続

まずは当留学センターに高校留学サポートのお申込手続を頂きます。

[お申込書類]
 ○パスポートコピー(顔写真のあるページ)
 ○過去2年間の英文成績証明書
 ○英語テストの結果(英検、ELTiS、TOEFL、TOEFL Juniorなど)※ない方は提出不要
 ○お申込金270,000円 (プログラム料金の一部に充当します。)  

希望の学区の選定

留学先となるご希望の学区を選定致します。選定に際しては以下の情報を当センターよりご提供致します。なお、英語力により選択できない学区もございます。また学校の選択は基本的にできませんが、生徒の英語力が高い場合、選択ができる場合があります。
 ○都市  ○人口  ○生徒数
 ○生徒と教師の比率  ○入学・修了日
 ○ESLの有無  ○APやIBコースについて  ○卒業の可否
 ○コミュニティの情報  ○学校区の情報

願書提出

希望の学区が決まりましたら願書の提出です。必要書類をご案内致しますのでご準備下さい。入学手続の一切は当センターにて行います。

学校区(学校)決定

学校区が決定しますと無事入学許可となりますので費用のご請求をさせて頂きます。留学費用からお申込金を差し引いた金額をお振込みにてお支払い頂きます。

ビザ申請

費用の支払いをしますと入学許可書が発行されます。入学許可書が発行されましたらビザ申請書類を整えて、アメリカ大使館/領事館での面接となります。面接に際しての書類準備、面接の諸注意等は当センターにて行いますのでご安心下さい。

出発前のオリエンテーション

ご出発直前になりますとホームステイ先も決定となります。ホームステイ先が決定しましたら準備完了です。最終書類をお渡しいたしますので、出発前のオリエンテーションをさせて頂きます。(ご来店、お電話、スカイプにて)

参加資格とお申込時期

[参加資格]
・自立心のある15歳〜18歳までの生徒
・言葉の通じない環境での生活でも頑張れる忍耐力のある生徒
・文化的、人種的、宗教的な偏見なく、誰とでも交流ができる生徒

[お申込期限]
希望出発日の4〜6ヶ月前が目安。学区の空状況により3ヶ月前まで受付

  • 高校留学サポート
  • 無料資料請求
  • 無料カウンセリング