海外の高校留学、中学留学などの正規留学をサポート

高校留学ワールド 情報通信
  • LINE@

海外の高校留学、中学留学などの正規留学をサポート

  • 友だち追加
  • 最新記事
  • 高校留学World

TOP >  高校留学World情報通信 >  【高校留学】高い進学率を誇るカナダのデルタ学区の魅力を解説!

タグ: カナダ高校

【高校留学】カナダの教育制度

コロナの影響で日本の教育機関に不安を感じた方が増え、グローバル化に対応するためにも高校留学を視野に入れて動き出す方が増えてきました。中でも治安が良く入学基準が比較的、簡単なカナダは日本人から人気です。今回はカナダ高校留学の教育制度についてご紹介していきたいと思います。   〈ポイント〉 ・カナダ高校留学は進学に有利 ・学校によってリニア制とセメスター制がある ・クラスは科目ごとによって異なる ・州によって卒業に必要な単位科目は異なる ・留学生向けの英語補修コースESLがある   ≪留学レポーター≫ 小さい頃から海外旅行の影響で海外に興味を持ち中学3年生の時にカナダで高校留学を決意。英語力が皆無な状況で渡航しながらも持ち前のコミュニケーション力で留学中に色んな国の友達を作ることができた。高校留学の経験が自分を大きく成長させてくれたといっても過言ではない。現在は高校留学の素晴らしさを伝えるためにディーサイド留学情報センターのカウンセラーとして勤務。     ▲カナダ高校留学がオススメな理由 1高校留学に必要な英語力が問われない カナダの高校留学では公立高校に進学する場合、基本的に英語力が求められません。 「現地の高校で勉強するのに英語力が必要ないってどういうこと?」と思うかもしれませんが、 カナダの高校はESLプログラムが充実しており、留学性へのサポート体制も整っているので、 そこまで高い英語力は求められません。とはいえ英語力が全く0だと、さすがに授業についていくのに苦労するので渡航前までに英検準2級を取得するか語学学校にいくと渡航しても苦労しないでしょう。   2進路の幅が広い カナダを含め海外の高校を卒業すると日本と海外の大学、両方に進学することができます。 日本の場合は帰国子女枠として難関私立大学を目指すことが可能でカナダだと一定の成績と卒業資格があれば 進学することができると言われています。     3教育の質が高い 日本の高校の授業は受け身が主体で質問や自分の意見がしづらい環境で生徒の主体性が育ちません。 しかしカナダの高校は生徒が主体的に参加できるような環境を提供しているので分からない箇所は聞き、 自分の意見を積極的に発します。また先生と生徒の距離も近いので気軽に質問することができます。 カナダで高校留学する多くの日本人は     ▲カナダの教育制度 リニア制とセメスター制 カナダの公立高校にはリニア制とセメスター制の2つがあります、 リニア制は年に1回、セメスター制は年に2~3回の入学時期が設けられています。   リニア制は1年を通して8科目を受講しますがセメスター制は1学期に4科目、2学期に4科目と 分けて最終的には合計8科目になるように勉強します。 リニア制とセメスター制には良い点と悪い点があると言われてます。 1年かけて8科目受けるリニア制は次の学年へ進んだ時に内容をしっかり記憶を維持できます。 しかし学年の終わりに一気に8科目のテストを受けないといけないので1年を通してしっかり勉強してないと 難しいかもしれません。   一方、セメスター制は前半と後半で4科目ずつ分けるのでテストも年に2回に分けられ半分の内容を凝縮して覚えることができます。しかしクラスの進むスピードが速くクラスについていくのが大変とも言われています。   ▲豊富な科目 日本は基本的に必修科目が固定なので自分のやりたい分野や夢を見つけることがなかなか難しいです。 しかしカナダの高校は必修科目とは別に選択科目ありスポーツ、音楽、IT、ロボット、科学など幅広い分野から自分に合った選択科目を選び自発的な姿勢で授業に取り組むことができます。   カナダはこういった環境が整ってるので生徒は高校生の間に自分がやりたいことを明確にし より専門的な知識を身につけるために大学へ行くので日本のように目的を持たないでただ大学に 進学する方が少ないです。     ▲クラスは科目ごとによって異なる カナダの高校は日本のように教室やクラスメイトの固定がなく大学のように科目ごとによって 教室を移動します。クラスが固定されてないので科目毎にいろんな生徒と交流することができます。 以前、何人かの生徒にインタビューをとったことがあるのですが科目ごとにクラスが変わると、 雰囲気が変わるそうなのでマンネリ化せず、しっかり授業に集中できるそうです。               ▲カナダの高校を卒業するには? カナダの高校を卒業するには州によって定められた単位数をとる必要があります。 人気の留学先であるBC州を挙げると卒業するためには80単位の取得が必要になります。 またカナダは必修科目と選択科目があり選択科目は学校のカウンセラーに相談して適切なクラスを選びます。 Grade11になると必修科目も減っていき大学進学と就職毎のコースを選ぶことになります。   まとめ   カナダ高校留学は日本の教育体制よりもレベルが高いことが分かっていただけたかと思います。 日本の高校は明確な目標を持つ環境がない状態の中テストで高いスコアや有名大学に進学することが正解と されていますが、その結果、日本がグローバル化に遅れる最大の要因になっています。   高校留学は日本の高校と比べると学費は高いかもしれませんがカナダ公立高校であれば、 学費が年間150万からの学校もあるので、これからの時代を考えると高校留学することで子供の多様性や自立力などが大きく成長するのではないでしょうか。   高校留学ワールドは1999年から毎年150名近くの高校留学したい生徒を交換留学、私費留学、正規留学、短期留学など幅広いプログラムを提供し海外へお送りした高い実績を持っています。また担当のカウンセラーが生徒ひとり一人に質の高いサポートを提供しておりますので、親御様も安心して、お子様を高校留学させることができます。   また高校留学ワールドは評判の良い教育委員会との提携があるので現地でも生徒が充実した留学生活を送ることができます。   ディーサイド留学情報センターでは対面カウンセリングはもちろん、zoomカウンセリングでのリモート対応も可能なので全国の高校留学したいお客様をサポート致します。   詳細は公式ホームページにてご覧くださいLINE@でも専門カウンセラーとチャットができるので是非、友達追加してください!

pagetop