アイルランド高校留学を安心サポート。私立高校、ボーディングスクールなどへの卒業留学や短期留学をサポート。

アイルランド高校留学

アイルランドの教育制度

アイルランド高校留学

アイルランドの教育制度は、日本の小学校にあたるFirst Level(6年間)、中学・高校にあたるSecond Level(6年間)、大学にあたるThird Levelという3段階に分かれており、さらにSecond Levelは、Junior Cycle(3年間)とSenior Cycle(3年間)に分かれている。義務教育は、Second LevelのJunior Cycleまでで、終了時に全国統一試験があり、Certificateを取得する。
ただ、ほとんどの学生は、Senior Cycleへ進学し、勉強を継続する。Senior Cycleの最初の1年間は、Transition Yearと呼ばれ、この期間は英語、数学などの必須科目にプラスして、様々なクラスを体験したり、自由研究などを行う。その間に将来の展望や目標をたて、最後の2年間に専門的な勉強を継続する。この最後の2年間を修了したら、全国統一試験を受け、その結果に基づき進学先の大学などが決定する。
アイルランドの大学に進学をしたい生徒は、進学先の大学に必要な科目を勉強し、その科目の統一試験でいいスコアを取る必要がある。

高校留学のしくみ

アイルランドでは、国の制度改正により、公立高校への正規(卒業)留学は、難しくなった。公立高校へ進学をしたい学生は、1年間限定の交換留学を選択することになる。ただ、アイルランドでは私立高校も非常に多彩で、教育レベルも高く、ヨーロッパ国内でも非常に評価は高い。

 アイルランドの私立高校は、規模が小規模な高校が多く、生徒数は400名〜500名程度が一般的。クラス人数も1クラス20名前後なので、日本より少数で個別のケアが受けられる。

 ホームステイで滞在をする高校もあれば、学生寮で滞在できる高校もある。留学生の数は、それほど多いわけではないが、多くの高校では、留学生のための英語補講クラスを設けており、入学後に英語の勉強と並行して、通常の授業を受けることができる。通常の授業は、生徒の英語力に応じて、美術や体育を取ったり、英語力が多少向上してきたら数学やその他のクラスを受講し始める。

新学年が9月のため、日本の教育制度では、3月の学年終了後、9月までの期間を利用して英語研修を行うのが一般的である。語学研修はオプションなので、必須ではないが、高校進学後、スムーズに授業に入っていけるようにするためにもお勧めしたい。

アイルランド高校留学の魅力

人口約400万人強(ニュージーランドと同じ程度)の小さな島国であるアイルランドは、自然が美しく、治安がいいため、高校留学には快適な環境と言えるでしょう。冬は日本と同程度、夏は非常に涼しいという気候で、雨が多いという特徴がありますが、日本の梅雨のように降り続くような雨は少ないです。アイルランドでは、ブリティッシュ英語を学ぶことができ、イギリスは非常に物価が高く、学費も高くなりますが、アイルランドの物価はそれほど高くないという点が人気の一つ。もちろん教育レベルも高く、留学生の受入体制も整っている。滞在はホームステイでも学生寮でも選択が可能。学生寮の方が予算は少し割高となる。

 またアイルランドは、日本人の留学生が非常に少ないという特徴も。日本語から完全に離れての暮らしを希望する生徒にはお勧めかも!

高校正規留学の予算

アイルランドは、私立高校のみ正規留学(卒業留学)が可能となっている。

年間費用公立高校不可
私立高校250万円〜450万円(学費・滞在費含む)

スクールライフ

アイルランドは、たいていの学校が3学期制を採用しており、学期間には、それぞれ休暇と、クリスマス、イースター休暇などの長期休暇がある。授業は、月曜日〜金曜日の午前9時〜午後4時までが一般的な授業時間。水曜日の授業は午前中で終了し、午後はスポーツにあてられる。1クラスの授業は学校によりまちまちだが、1クラス35分〜45分と少し短め。ただ、休憩時間も少なく、みっちり勉強するイメージが強い。遅刻や欠席は厳禁なので、クラス移動など時間がないときも遅れないように。

大自然も満喫できるアイルランド

アイルランドでは、緑美しい自然が非常に多く、のんびりした環境で過すことができる。人々も非常に暖かく、イギリス人はどちらかと言うと神経質なイメージだが、アイルランドの人々は穏やかで親切なイメージ。またアイルランドでは、断崖絶壁など島の絶景も魅力で、日本では想像できないような美しい景色を見ることができる。映画の舞台にもなるような場所が大変多い!

アイルランド高校リスト

アイルランド留学  St. Conleth's College アイルランド ダブリン
  • 学校形態:私立、共学(男子生徒多数)
  • 環境:都市郊外
  • 規模:小規模
  • 滞在:ホームステイ
アイルランド高校写真 ダブリン郊外にある生徒数約300名程度の小規模学校。女子生徒の受入は、5年生と6年生のみでほとんどが男子生徒となっている。1939年創立と非常に歴史が古く、進学率も高い優良校です。カトリック系の学校ですが、特に宗教に関係なく広く生徒を受け入れています。
詳細はこちら

アイルランド Kilkenny College アイルランド
  • 学校形態:私立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:中規模
  • 滞在:学生寮
アイルランド高校写真 ダブリンから約2時間、古城などがたくさんあるキルケニーの町にある私立高校。1538年創立の非常に由緒ある私立高校で、800名の生徒のうちほとんどが寮で生活をしており、非常にレベルの高い教育を行っています。スポーツや文化面にも積極的に取り組んでおり、ラグビー、乗馬などのスポーツやオーケストラ、コーラスなどの音楽も盛ん。
詳細はこちら

アイルランドの環境

風土と気候

北半球のかなり北に位置するため、非常に寒いイメージを持つ人も多いだろうが、実はアイルランドの冬は暖流の影響でそれほど寒くなく、雪が積もることも非常に稀だ。夏の気温は、非常に低く、最高気温の平均でも20度を下回る。一般的に猛暑を過す日本人にとっては、天国のような夏だろう。曇りがちで雨が多いイメージもアイルランドにはあるが、降水量はそれほど多くない。

生活習慣

穏やかでのんびりした人が多いアイルランドは、のどかな環境を地で行く人々が多い。

交通機関

首都ダブリンでは、縦横無尽にバス路線が走っており、また路面電車や電車など交通で不便を感じることはないだろう。但し、市民の足となるバスは、非常にいい加減で、時刻表通りには走ってくれない。

物価

アイルランドの物価は、通貨がユーロになってから非常に高くなったが、それでも近隣のイギリスと比較するとまだまだ安い。しかし日本と比較すると決して安くはないので、お小遣いにも注意が必要。

  • 高校留学サポート
  • 無料資料請求
  • 無料カウンセリング