カナダ高校留学を安心サポート。公立高校、私立高校、ボーディングスクールなどへの卒業留学や短期留学をサポート。

カナダ高校留学

カナダの教育制度

 カナダ高校留学風景

カナダの高校はアメリカと同様、必須科目+選択科目にて構成されており、規定単位を満たすことで卒業を果たすことができる。 カナダの高校では、日本の高校2〜3年生にあたるGrade11〜12から選択科目が多くなり、大学進学希望者は「一般教養課程」に進み、就職希望者は「職業教育課程」に進む。高校卒業条件は各州によって異なるが、必ず履修授業の時間数と必要な単位数を満たしていなけばならず、卒業認定試験をクリアする必要がある。単位のルールは州によっても異なるのでカナダへの高校留学を検討の方は、チェックが必要だ。カナダでの大学進学希望者は志望大学の指定する科目を習得していなければならないという規定もある。またオンタリオ州のように学校での授業とは別に「地域での課外活動(ボランティア)」を行い、単位としなければならない州もある。

高校留学のしくみ

カナダでは全土にたくさんの公立高校があり、多くの高校が留学生の受入を行っているため、留学生のほとんどは公立高校に留学する。カナダの公立高校は、日本で言う「教育委員会」のような組織が各都市、各地域にあり、海外からの留学生の受入を管理している。カナダ最大のトロント教育学区では、は約70校の高校が1つの学区を構成しており、逆にカナダの地方高校では2校で学区を構成しているところもある。教育学区の中のどの高校に留学するかは、希望を出すことができるが、その時期の留学生の入学状況により希望が通らないことも。カナダへの高校留学を希望する場合、早めの手続をお勧めする。

 私立高校の多くは、カトリック系の高校で、一部プロテスタント系の高校も含め、ほとんどが宗教系の高校である。私立高校は少なく高校の割合は全体の約10%程度。私立高校に留学を希望する留学生の多くは、「学生寮」での滞在を希望する留学生である。また一部の私立高校では、高校独自のカリキュラムで、2年で卒業できる高校や、小規模なインターナショナルスクールのような高校もあり、カナダでは多種多様な選択肢が留学生にもある。 カナダでは、学習意欲の高い生徒には熱心な指導が行われるが、繰り返し注意しても学習意欲のない生徒には留学生でも落第や退学などの厳しい処分が下される場合もある。
カナダでは成績評価も厳しく、テストの点数はもちろんのこと、出席率や授業への取り組み方も評価の対象となる為、遅刻や欠席が多い生徒は進級が難しくなる。留学生の場合は、病気や体調不良など止むを得ない理由の場合、ホストファミリーから高校に連絡を入れてもらうなど欠席の理由を高校に届け出る必要がある。


カナダ高校留学の魅力

 カナダ高校留学

カナダは、自然が非常に美しい国で、世界主要都市の住みやすい都市ランキングの上位に何都市かは必ず選ばれている。カナダでは綺麗なアメリカ英語を話し、学業も盛ん、交通の便も良く、治安もいいなど高校留学の目的地として理想的と言えるだろう。カナダでは8月下旬〜9月上旬が高校のスタートなので日本の高校を3月で終了し、準備期間(日本での準備又はカナダでの英語研修など)を経て高校に留学することができるため、時期的なタイミングも非常にいい。カナダ高校留学の費用もアメリカと比較すると格段に安いため、経済的にも安心だ。ただ、アメリカ同様、カナダは移民が非常に多い国なので、都市部の高校では、生徒の半数以上が移民の生徒など、日本人の持っているイメージと異なる高校もある。また一部西海岸以外では、冬の気候が厳しいのもカナダでは注意。カナダ高校留学では、都市や教育学区をしっかり選ぼう。


高校正規留学の予算

カナダは、公立高校、私立高校ともに正規留学(卒業留学)が可能。

年間費用公立高校200万円〜250万円(学費・滞在費含む)
私立高校250万円〜400万円(学費・滞在費含む)

カナダのスクールライフ

カナダもアメリカ同様、クラスごとに生徒が分けられるスタイルではなく、生徒一人一人がその教科ごとのクラスへ行き授業を受けるといったスタイルになっている。
カナダの高校は遅刻にとても厳しく、クラスに1分でも遅れると授業を受けられないという場合があるので注意が必要。
カナダの高校教育には勉強のほか、課外活動やボランティア活動など生徒一人一人の長所を伸ばすために 活動に重点をおいている。カナダはスポーツのクラスを多く持つ高校や職業体験など 多くの課外活動を行っている高校など高校によってその特色は様 々なので、自分のスタイルに合ったスクールライフを送ることができる。
さらに、移民が多いカナダでは母国語を英語としない生徒のためにESL(English as a Second Language)プログラムも充実しているので 英語に自信がない留学生でもESLからスタートし、徐々に通常の高校クラスを受講することができる。
また学区によっては、「英語が苦手な生徒」のための数学や歴史のクラスもあり、通常クラスには英語の問題でついていけない生徒が受講することができる。より確実に単位を取得することができるので安心だ。

カナダ高校の授業風景

カナダでは日本のように、ノートを取り先生の話をじっと聞くといった授業風景はまず見られない。 カナダでは多くの授業は生徒参加型で、疑問に思ったことなどは積極的に質問し、発言をするのが一般的。逆に発言が少ないとテストの点数はよくてもいい評価がされない。 カナダは多民族文化の為、個々の考え方や習慣、バックグラウンドは様々。その為、生徒は自分の考えを分かってもらう為にスクールライフではもちろん、授業内でも自己主張はしっかり行おう。留学生も同様。
また、カナダではグループや個人などで課題についてのプレゼンテーションやディベート、ディズカッションをする機会も多いのでおとなしく聞いているだけではむしろ科目の評価が下がってしまう。 怖気づいて恥ずかしがっているだけでは評価に繋がらずクラスメートや先生にも伝わりにくいので、自分の意見をはっきりしっかり発言できるように心がけることがポイント。

カナダの高校リスト

カナダ高校留学 ラングレー教育委員会 ブリティッシュコロンビア州 ラングレー
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市近郊
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
Langley School District|カナダ高校留学 カナダのバンクーバーから東へ45キロのところに位置するラングレー市は、中学、高校生が留学目的で滞在するのに理想的な環境の町です。人口約12万人の小規模な都市ですが、大型ショッピングセンターやスポーツ施設なども完備しており、住民の95%以上が英語を母語としているため、カナダ文化に完全に浸って英語をしっかりと身につけることができます。カナダ高校留学のイチオシ校。
カナダ高校の詳細

カナダ高校留学 コーキットラム教育委員会 ブリティッシュコロンビア州 コーキットラム
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市近郊
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
Coquitlam School District|カナダ高校留学 コキットラム(Coquitlam)はカナダ・バンクーバー近郊の新しく発展した都市で、豊かな自然、山や森と湖に囲まれています。近くの公園やレクリエーション用施設で、水泳、ボート、ハイキング、ゴルフなどアウトドアが楽しめ、また、ブリティッシュ・コロンビア州南部の海岸地域を象徴する美しい自然の中でスキーを満喫することもできます。
カナダ高校の詳細

カナダ高校留学 Bodwell High School(ボドウェル高校) ブリティッシュコロンビア州 ノースバンクーバー
  • 学校形態:私立、共学
  • 環境:都市
  • 規模:小規模
  • 滞在:ホームステイ、学生寮
Bodwell High School|カナダ高校留学 カナダの西海岸にあるバンクーバーのダウンタウン(市内中心部)からシーバス(フェリー)で10分ほど北に行くと、バンクーバーのベッドタウンであるノースバンクーバーがあります。そのノースバンクーバーにある学生寮完備の私立高校がこちらのBodwell High Schoolです。生徒数約350名程度の小規模な私立高校で、学校の”ウリ”は何と言っても、小規模、少人数制の個別指導ができる教育体制です。
カナダ高校の詳細

カナダ高校留学 チリワック教育委員会 ブリティッシュコロンビア州 チリワック
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市郊外
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
Chilliwack School District|カナダ高校留学 チリワックは安全で親しみやすい人口75,000人のコミュニティで、カナダの西岸の美しいフレーザーバレーに位置します。バンクーバーからは車で1時間ほどの地点で山や湖、川や森に囲まれています。地域では、豊富なアウトドア活動やレクリーションを楽しむことができます。チリワックは国連世界貿易大学の本部が置かれることなり、そのための街づくりが進められています。
カナダ高校の詳細

カナダ高校留学 カムループス教育委員会 ブリティッシュコロンビア州 カムループス
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
Kamloops/Thompson School District カナダ高校留学 バンクーバーから飛行機で約50分、美しいブリティッシュ・コロンビア州の大自然の真ん中で生活をしたい生徒にお勧めなのでこちらの高校。山、川、湖、森など美しい大自然に溢れており、自然を活かした乗馬、スキー、スノーボード、ハイキング、水泳などの課外活動が四季それぞれに楽しむことができます。人口約8.5万人の小さな町でのびのび留学生活を送ることができます。
カナダ高校の詳細

カナダ高校留学 トロント教育委員会 オンタリオ州トロント
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
Toronto School District|カナダ高校留学 カナダ最大の都市トロントは、経済、金融、文化、娯楽、そしてハイテクの中心地でもあります。留学生が居住して勉強するために好適な、清潔で安全な都市です。市内と大トロント市全域にわたって、広範な交通網が整備され、バス、路面電車、地下鉄と電車の交通網(GO Transit)が利用できます。トロント地区には約70校の高校があり、幅広く留学生を受け入れています。
カナダ高校の詳細


カナダ高校留学 ビクトリア教育委員会 ブリティッシュコロンビア州ビクトリア
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都会又は都市近郊
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
ビクトリア教育委員会

カナダの美しいブリティッシュ・コロンビア州の西海岸に位置するビクトリアは"カナダで最も安全な街“として有名です。ビクトリアは、都会と郊外暮らしの両方の良さがあり、ダウンタウンの中心でも、住宅街でも、歴史を誇る港湾地区でも安全で、清潔、美しく整備されています。
詳細はこちら



カナダ高校留学 チリワック教育委員会 ブリティッシュコロンビア州チリワック
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市郊外
  • 規模:小規模
  • 滞在:ホームステイ
チリワック教育委員会

チリワックはカナダ西海岸の美しいフレーザーバレーに位置しており、山や湖、川や森に囲まれており、「カナダ=大自然」とイメージされる方にお勧めの環境です。移民の学生がほとんどいないため、日本人のイメージするカナダ留学に近いイメージかも知れません。
詳細はこちら



カナダ高校留学 サーニッチ教育委員会 ブリティッシュコロンビア州ビクトリア
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市近郊
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
サーニッチ教育委員会

人気学区のビクトリアの北部にあるのがこちらのサーニッチ教育学区です。サーニッチはビクトリア郊外ということで比較的留学生の数は少なくなります。教育学区のスタッフは日本語を話せるので、何かあった際のご相談も安心ですね。
詳細はこちら



カナダ高校留学 ウェストバンクーバー教育委員会 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市近郊
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
ウェストバンクーバー教育委員会

高校の歴史は長く、成績も非常に優秀で、大学進学率も高いです。学校では、一般のカリキュラムだけでなく、ビジネスなどのキャリア準備プログラムや、家政学、外国語、テクノロジー、ビジュアル&パフォーミング・アートなどのカリキュラムも充実。
詳細はこちら



カナダ高校留学 アボッツフォード教育委員会 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市近郊
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
アボッツフォード教育委員会

カナダの自然も溢れて、教育委員会も非常にしっかりしており、留学生専用サポーターを7名も教育学区が雇用するなど留学生のケアにも重点をおいています。設備やクラスも非常に整っており、デザイン系の授業も充実。また飛行機のライセンスを取得する航空アカデミーコースがあります。
詳細はこちら



カナダ高校留学 デルタ教育委員会 ブリティッシュコロンビア州バンクーバー
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市近郊
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
デルタ教育委員会

学校は学業面にも非常に力を入れており、しっかり勉強をしたい生徒にお勧めです。バンクーバーの都市まであまり離れたくない生徒で、移民比率のできる限り少ない地域に留学をしたい方にお勧めではないでしょうか?
詳細はこちら



カナダ高校留学 カムループス/トンプソン教育委員会 ブリティッシュコロンビア州カムループス
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
カムループス/トンプソン教育委員会

バンクーバーから飛行機で約50分、美しいブリティッシュコロンビア州の大自然の真ん中で生活をしたい生徒にお勧めなのでこちらの高校。美しい大自然に溢れており、自然を活かした乗馬、スキー、スノーボード、ハイキング、水泳などの課外活動が四季それぞれに楽しむことができます。
詳細はこちら



カナダ高校留学 ヴァーノン教育委員会 ブリティッシュコロンビア州ヴァーノン
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:小規模
  • 滞在:ホームステイ
ヴァーノン教育委員会

ヴァーノンはロッキー山脈にあるスキーリゾートとしても名高い町で、カナダの雄大な大自然を満喫できる環境となっております。こちらの学区の大きな特徴は、4月から単位取得のできる学期をスタートすることができます。3月に学校を終える日本人には嬉しい制度ですね。
詳細はこちら



カナダ高校留学 ナナイモ/レディスミス教育委員会 ブリティッシュコロンビア州ナナイモ
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
ナナイモ/レディスミス教育委員会

ナナイモは、バンクーバー島への玄関口となる港町でカナダで最も安全なコミュニティのうちの1つです。豊富な課外活動プログラム(美術、運動、旅行クラブなどもありますので、勉強以外の活動も期待できますよ!
詳細はこちら



カナダ高校留学 ゴールデンヒルズ教育委員会 アルバータ州ストラスモア
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:小規模
  • 滞在:ホームステイ、学生寮
ゴールデンヒルズ教育委員会

ストラスモアにある当学区は、カナダで唯一と言っていい学生寮がメインの教育学区で、留学生のほぼ全ては学生寮で滞在をしています。学区内のドラムヘラーは恐竜の町としても有名な町で、世界中から恐竜に興味のある生徒が集まっています。
詳細はこちら



カナダ高校留学 バトルリバー教育委員会 アルバータ州カムローズ
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ、学生寮
バトルリバー教育委員会

カムローズという小さな町です。北米最大のショッピングモール「ウェストエドモントンモール」は有名で、映画館、スケート場、なども完備した総合娯楽施設となっています。この学区は郊外のため物価が安く、授業料、ホームステイ代共に他地域に比べて割安です。
詳細はこちら



カナダ高校留学 カルガリー教育委員会 アルバータ州カルガリー
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都市又は都市郊外
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
カルガリー教育委員会

アルバータ州最大の都市カルガリーは、かの有名なロッキー山脈の麓にあり、大自然に囲まれた街です。カナダ国内はもとより、国際的にも学力レベルの評価は高く、数学や科学などの理科系の国際テストでは、世界でもトップレベルの成績を残しています。
詳細はこちら



カナダ高校留学 ノバスコシア教育委員会 ノバスコシア州ハリファックス他
  • 学校形態:公立、共学
  • 環境:都会〜田舎
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
ノバスコシア教育委員会

カナダの東端にあるノバスコシア州は、カナダ国内で最も費用を抑えて留学できる州として有名です。教育熱心な州としても知られています。なお、ノバスコシア州は他の教育委員会と違い、基本的に学校の指定はできませんのでご注意下さい。
詳細はこちら



カナダ高校留学 Ridley College オンタリオ州トロント
  • 学校形態:私立、共学
  • 環境:田舎
  • 規模:大規模
  • 滞在:ホームステイ
Ridley College

1889年創立で100年以上の歴史を誇るカナダ国内でも有名なボーディングスクールです。学業面での優秀さはもちろんですが、スポーツも大変盛んで、文武両道を目指し、21世紀のリーダーを育てることを学校のモットーとしています。
詳細はこちら



  
  カナダ高校留学の他の候補高校を見る

  留学費用の料金表(主要高校)


カナダの環境

カナダの風土と気候

カナダの太平洋沿岸は一年を通して比較的温暖。五大湖周辺の平野もまた比較的温暖だが、トロントの夏は湿気がやや高め。 大西洋沿岸は雨が多いが寒さは内陸部ほど厳しくない。アメリカとの国境沿いに広がる南部は四季がはっきりしている。

カナダの生活習慣

カナダ人は、アウトドアアクティビティを好む一方で環境保護や公共マナーに関してとても敏感。 駅やオフィスなどの公共の場はほとんど禁煙で、違反者には罰金が科せられる。

カナダの交通機関

カナダの主要都市の交通はよく発達している。バンクーバーにはバスやトロリーバスのほか、ダウンタウンにはコンピューター 完全自動操作のスカイトレインも走っている。料金はゾーンごとに区切られている。 そのほか、トロントやモントリオールでもバスや地下鉄、路面電車やタクシーなどが頻繁に走っている。

カナダの物価

カナダでは近年の為替の高騰により物価は上昇している。アメリカと同じく食品類が比較的安いが、それ以外で日本より安いと感じる ものは少ないだろう。都市と地方で20%程度の物価の差がある。

  • 高校留学サポート
  • 無料資料請求
  • 無料カウンセリング