アメリカ高校留学を安心サポート。私立高校、ボーディングスクールなどへの卒業留学や短期留学をサポート。

アメリカ高校留学|アメリカの高校は個性を重視!寮やホームステイ全寮制で規律正しい高校生活を!

アメリカの教育制度

 アメリカ高校留学の授業風景|アメリカ高校留学

アメリカでの中学高校6年間の教育体制は州によって異なる。 アメリカ各州の教育体制はそれぞれの自治体が決めており、義務教育の年数も州によって異なる。 大半の州は6歳から16歳までが義務教育とみなされているが、ワシントンDCやオレゴンなどは18歳までと例外もある。

アメリカの高校での授業は単位制度になっており、必修科目の他に自分の興味がある選択科目を選び履修する事ができる。
アメリカ高校留学では一年間に習得しなければいけない単位数が決まっており、それを満たすことが進級の条件。
また、一コマ数単位となっており一日に受ける授業数は約5〜7コマ。一コマの時間は約50〜60分となっている。
留学生の選択科目は学校によって様々だが、科目の数が多く外国語や芸術系、さらには天文学やジャーナリズムなど日本では 学ぶことのできないようなバラエティーに富んだ科目が多くみられる。個性を伸ばす国アメリカらしい、高校留学の制度となっているので、興味のある分野を延ばしたい高校生にはお勧め!

アメリカ高校留学のしくみ

アメリカでの高校留学は2パターンあり、それぞれ高校交換留学と高校私費留学となっている。
高校交換留学はアメリカの国務省国際青年交流企画に基づいた国際交流プログラムのアメリカ高校留学であるため、通常取得する「F-1ビザ(学生ビザ)」ではなく 「J-1ビザ(文化交流訪問者用ビザ)」での入国となる。
J-1ビザの交換留学期限は1年間で公立高校への留学が一般的で、 滞在方法はホームステイとなる。 アメリカでの私費留学の場合は、通常通りF-1ビザ(学生ビザ)での入国となり、留学期間も留学先の高校も自分で選ぶことが可能なため 一年以上の高校留学(卒業留学)を希望する生徒が多い。
公立高校への私費留学は通常できないと考えられているが、アメリカ政府指定の特定の高校であれば留学が可能。但し、公立高校とは言え英語力がないと入学ができないシステムとなっているので、他の国の公立高校よりハードルは高い。よってアメリカでの卒業を目指す場合には私立高校へ高校留学が一般的となる。
高校留学中の滞在方法は、ホームステイももちろん可能だが、私立高校への留学の場合は学生寮で生活するのも一般的。なおアメリカの私立高校留学は費用が非常に高いと一般的に考えられているが、実は年間200万円程度〜留学できる高校もある。

アメリカ高校留学の魅力

自由の国アメリカはあらゆる面で日本との関係が深く、また英語圏を想像した際に真っ先にイメージされる国と言っていいだろう。ニューヨーク、ロサンゼルス、ラスベガスなど観光地としても魅力的な都市が多数あり、ボストンのような世界的な学園都市もある。留学といえばアメリカ!と考える方も少なくないでしょう。世界的に有名な大学も多数あり、そのような大学へ進学を目指すという生徒もいいます。公立高校への卒業留学もでき、また私立高校でも安く留学することが可能だが、一般的にはアメリカ高校留学には誤解されている部分が少なくない。大国だけに様々な選択肢があるのでまずは高校留学カウンセラーまでご相談を。

アメリカでのスクールライフ

アメリカでは日本と違い、クラスごとに生徒が分けられるスタイルではなく、生徒一人一人がその教科ごとのクラスへ行き授業を受けるといったスタイルになっている。
遅刻にとても厳しく、クラスに1分でも遅れると授業を受けられないという場合があるので注意が必要。アメリカの学校教育には勉強のほか、課外活動やボランティア活動など生徒一人一人の長所を伸ばすために活動に重点をおいている。
スポーツのクラスを多く持つ学校や職業体験など 多くの課外活動を行っている学校など学校によってその特色は様々なので、自分のスタイルに合ったスクールライフをおくる事が出来る。留学生にとってアメリカ高校留学の魅力の一つだ。

さらに、移民が多いアメリカでは母国語を英語としない生徒のためにESL(English as a Second Language)プログラムも充実しているので英語に自信がない人でもESLからはじめることが出来る。ESLを単位として認めている学校もあり、学校内でESLプログラムを学ぶことができる。高校留学の場合はESLを受けながら徐々に正規科目を増やしていくパターンと、英語を第二ヶ国語とする生徒を集めたクラスで正規科目を学んでいくパターンがある。

アメリカのほとんどの高校には担任教師の変わりに生徒の相談にのってくれるスクールカウンセラーが在籍している。留学生にとっては困った時に相談できる相手がいることはとても心強い。留学生に対するサポート体制は学校によって異なるが、留学生専用のカウンセラーをおく学校も多い。カウンセラーは科目登録からクラブ活動、人間関係など幅広い内容の相談に乗ってくれ、高校留学成功の助けとなる。


アメリカの高校正規留学の予算

アメリカ高校風景|アメリカ高校留学

アメリカの交換留学による高校留学は1年間約150万円程度から。但し、1年間限定の留学となる。正規留学(卒業留学)を希望する場合、公立高校は年間約200万円〜400万円程度、私立高校は年間約250万円〜700万円程度が相場となる。アメリカの高校留学ではたくさんの選択肢があるため、生徒の能力は希望、そして予算に応じて選ぶことができる。私立高校は、全寮制の高校やホームステイをしながら通学できる高校の2種類ある。





アメリカ高校留学の年間費用 150万円〜700万円(学費・滞在費含む)


授業風景

日本のように、ノートを取り先生の話をじっと聞くといった授業風景はアメリカではまず見られない。 多くの授業は生徒参加型で、疑問に思ったことなどは積極的に質問し、発言をするのが一般的。逆に発言が少ないとテストの点数はよくても いい評価がされない。 アメリカは多民族文化の為、個々の考え方や習慣、バックグラウンドはさまざま。その為、生徒は自分の考えを 分かってもらう為にスクールライフではもちろん、授業内でも自己主張はしっかり行おう。
また、グループや個人などで課題についてのプレゼンテーションやディベート、ディズカッションをする機会も多いのでおとなしく聞いているだけではむしろ科目の評価が下がってしまう。
怖気づいて恥ずかしがっているだけでは評価に繋がらずクラスメートや先生にも伝わりにくいので、自分の意見をはっきりしっかり発言できるように心がけることがポイント。

アメリカ高校リスト

アメリカ留学 Saint Louis School アメリカ ハワイ州ホノルル
  • 高校形態:私立、男子校
  • 環境:都会
  • 規模:中規模
  • 滞在:ホームステイ
Saint Louis School|アメリカ高校留学 ハワイ留学 ハワイのワイキキビーチから徒歩約30分、車で約5分の好立地にある名門私立男子高校。創立1846年と160年以上の歴史のある高校で、小学校4年生〜高校3年生までの一貫教育を行っています。生徒の98%は、大学進学を目的とした教育を受けており、学校では大学進学準備のプログラムも非常に充実している。
高校詳細はこちら


アメリカ留学 Squay Valley Academy アメリカ  カリフォル二州Olympic Valley
  • 高校形態:私立共学
  • 環境:田舎
  • 規模:小規模
  • 滞在:学生寮
Squaw Valley Academy|アメリカ高校留学 カリフォルニア留学 人気のアメリカ・カリフォルニア州の非常にユニークな高校。全校生徒約50名。学生寮完備の学校で、一般的な大学進学に向けての教育はもちろんカリフォルニア州の自然を活かした、課外活動やスポーツにも非常に力を入れている高校です。単に教室で学ぶのではなく、屋外にでて様々な活動をすることで、自然の中からを学びます。
高校詳細はこちら


アメリカ留学 St. Croix High School  アメリカ ミネソタ州セントポール
  • 高校形態:私立共学
  • 環境:田舎
  • 規模:小規模
  • 滞在:学生寮
St. Croix High School|アメリカ高校留学 ミネソタ州セントポール留学 ミネソタ州セントポールという小さな町にある私立高校。全校生徒約400名と小規模な学校で、教師やスタッフからのパーソナルケアを受けることができる。学生寮滞在で年間28400ドル(2014年6月現在)と格安費用にて留学が実現できる。アメリカで安い費用での留学をお探しの方にお勧め!
高校詳細はこちら


アメリカ The Northwest School  アメリカ ワシントン州シアトル
  • 高校形態:私立共学
  • 環境:都会近郊
  • 規模:小規模
  • 滞在:学生寮
The Northwest School|アメリカ高校留学 ワシントン州シアトル留学 アメリカでも教育熱が非常に高い州として定評のあるワシントン州のシアトルにある私立高校。生徒数約500名程度の小規模高校ですが、進学校として名高く、生徒の大学進学率は99%以上。スポーツにも非常に力を入れており文武両道を地で行くアメリカ国内でもお勧めの高校。世界各国から留学生も学んでいます。
高校詳細はこちら


アメリカ San Gabliel Academy カリフォルニア州ロサンゼルス
  • 学校形態:私立共学
  • 環境:都会近郊
  • 規模:小規模
  • 滞在:ホームステイ
San Gabriel Academy|アメリカ高校留学 カリフォルニア州ロサンゼルス留学 アメリカの人気都市ロサンゼルスにある共学の私立高校。学校周辺は、閑静な住宅地で住みやすく、またアジア系アメリカ人の多い地域ですので、アジア人留学生でもなじみやすい環境です。高校は9-12年生の施設と、K-8(日本の幼稚園から中学2年生)年生用の施設も同じ敷地内にあり、幼稚園から高校までの一貫したアメリカ教育プログラムを提供しています。
高校詳細はこちら

アメリカの高校留学先リスト(代表的な州での高校留学)

アラスカ州

The Abbott Loop Christian School, Anchorage 他

カリフォルニア州

Archbishop Riordan Fligh School
Bellarmine College Preparatory
The Cascade School
Christian Brothers High School
Ojai Valley School
St. Margaret's Episcopal School
San Pasqual Academy
Southwestern Academy
University of San Diego High School
Webb School of California  他

ハワイ州

Damien Memorial High School
Lutheran High School of Hawaii
St. Andrew's Priory School   他

ニューヨーク州

Seton Catholic High School
Our Savior New American
Immaculate Heart High School  他

イリノイ州

Aquin High School
Rockford Christian School
Tri-State Christian High School  他

ペンシルバニア州

The Hill School
The Kiski School
La Salle College High School
Linden Hall School for Girls  他

コネチカット州

The Forman School
The Hotchkiss School
Hyde School
Indian Mountain School
Loomis Chaffee School
Marianapolis Preparatory School
Westover School, Middlebury  他

マサチューセッツ州

Bishop Stang High School
Boston College High School
Brooks School
Buckingham Browne and Nichols School
Buxton School
Cushing Academy
Deerfield Academy
The DeSisto School
Fay School
The Fessenden School  他

フロリダ州

Lake Mary Preparatory School
Royal Palm Academy
St Joseph Academy  他

その他全米各州にて高校有り。


アメリカの環境

風土と気候

アメリカは広大な国土のため、地域によって気候は全く異なる。アメリカの東海岸や南部は日本と同じように四季があり、夏は高温多湿。アメリカの西海岸は一年を通して雨が少なく夏は乾燥しており、冬は地域により寒さは厳しくなるものの、比較的温暖な気候となっている。広大な国土とおおらかな人々。それがアメリカの魅力の一つでもあります。気候や風土は高校留学先選びの重要なポイントとなります。成功する高校留学のためにもぜひ渡航先の気候、風土はチェックしよう!!

生活習慣

アメリカ人は一般的に愛国心が強く独立記念日などの公休などを大切にしている人種ではあるが、他民族国家であるために移民の人々は祖国の生活習慣や文化を大切にしている事が多い。基本的に自由を好み、新しいものを築いていく志向がある。アメリカ人との生活を通じて楽しむこと、家族を大事にすることを学べる。アメリカ高校留学では、アメリカ人の生活習慣を学ぶことも非常に重要だ。

交通機関

アメリカは基本的に車社会。 16歳から免許を取得できるため、多くの高校生が車で高校に通学するという光景も珍しくない。もちろん留学生でも免許の取得が可能だが、安全面からあまりお勧めはしない。広大な国土を持つアメリカは、田舎の地域もたくさんあり、公共の交通機関が発達していない場所もも多い。そのような地域では、スクールバスを利用するか、ホームステイの場合は、ホストファミリーの送迎に頼ることも多い。アメリカでは交通の不便さを感じることも多いだろう。高校留学生にとって交通は重要なポイントです。

物価

アメリカの物価は、サンフランシスコやニューヨークなどの大都市では世界屈指。 しかし、食品や生活雑貨は日本よりも比較的安いので 自炊などの一工夫で節約をすることも可能。ロサンゼルスなど西海岸はアメリカの都会の中でも比較的安く、田舎に行けば非常に安い場合も多い。高校留学中のお小遣いは都市によって大きく異なり、毎月のお小遣いが高校留学の総予算に影響します。

  • 高校留学サポート
  • 無料資料請求
  • 無料カウンセリング